サッカー練習 神戸・難波・奈良、つながる。


効率重視のサッカー上達↓効率(動きづくり)重視のサッカー上達に変更しました。 Kのサッカー練習記録としてのこのブログですが、トレーニングとそれにまつわる身体操作について練習で気がついたこと、追加していくトレーニングの内容がしばらく主になると考えたからです。  基礎として胴体力を使いこなせる体を作る事から始めて体重移動でなく、膝抜きやら、落下を伴った進行方向への重心移動上半身と下半身の捻転を使った回転動作によるエネルギーの生み出しおなかを緩めて屈筋を脱力し、後背筋を積極的に使った伸筋優位の連動した動きづくりをKに身につけさせ、所属チームの上位クラスの練習量に耐えられる疲れない体づくりを一緒にするのが最優先課題です。 所属チームでは同学年ながら上位クラスに所属しているやる気のある子はコーチの指導を積極的に聞いて理解することはもちろん
誰よりも俺は走る!という気概に満ちています。
幼稚園のころからチームに所属している子もおり、
競争意識も高いです。

上を目指すには最低限練習について行ける体を効率よく作らないとね

5年以内にサッカー練習は確実に破綻する