2年ぶりにJリーグ王者に輝いた広島は、2度目のクラブW杯出場を果たし、開幕戦のオークランド・シティ戦で2-0の勝利。

準々決勝では、サンフレッチェ広島は開幕戦から6人を入れ替えてマゼンベ(DRコンゴ)と対戦し、3-0でサンフレッチェ広島が勝利。


勝ち上がった広島は、16日に大阪長居スタジアムで行われる準決勝で南米代表のリーベル・プレート(アルゼンチン)と対戦。

敗れたマゼンベは5位・6位決定戦でクラブ・アメリカ(メキシコ)と対戦する。


得点
0-1 44分 塩谷司(サンフレッチェ広島)
0-2 57分 千葉和彦(サンフレッチェ広島)
0-3 78分 浅野拓磨(サンフレッチェ広島)